お問い合わせ

会社案内Company Profile

テープメディア

1950年、日本初の磁気録音用テープ“Soni-TapeKA”シリーズ発売。ここからソニーの記録メディアの歴史がスタートしました。
1971年には、世界初のカセットテープである、U-matic VTR用ビデオカセットテープ“KC-60”を発売。これによりオープンリールテープからカセットテープへとテープの新たな時代が始まりました。
1987年には、世界初のベータカムSPフォーマット1/2インチビデオカセット“BCTメタルシリーズ”を発売。1989年には、民生用テープでは飛躍的な高画質を実現した世界初のメタル蒸着8ミリビデオカットテープ“Hi8ME”を発売。このHi8MEでは、1992年に大河内記念生産賞*1を受賞しています。
あらゆるチャレンジを繰り返し、培ってきた技術の結晶が、民生用のみならず放送局用プロテープやデーターストレージテープとして、世界中のお客様に愛用されています。

民生用テープ

ソニーはメタル磁性体を真空蒸着することで記録層を成形する「メタルテープ」で民生用テープの市場をリードしてきました。

1989年/民生用ビデオテープ世界初のメタル蒸着8ミリビデオカットテープ“Hi8ME”発売
1992年/切手サイズのデジタル録音方式カセットテープ“NT-1”を発売
1995年/民生用ビデオテープ“ミニDV”を発売。これによりカムコーダーも小型化し、家庭用ビデオカメラが広く普及しました。
2001年/“ミニDV”の容積比約30%となる“MICROMV”を発売。カムコーダー用磁気テープとして世界最小。
2005年/“ミニDV”のハイビジョン対応モデル“HDV”を発売

放送局用プロテープ

  • 1990年放送局用ベータカムSPおよびD-2用テープのメタルテープ技術でエミー賞*2を受賞しました。そのソニーの先進メタルテープ技術を生かした、“ベータカムシリーズ”や“HDCAM-SR”、“HDCAM”、そして蒸着テープ技術を用いた“DVCAM”、“Digital Master”などは、現在でも高い信頼性の元、全世界の放送局で活躍しています。

データーストレージテープ

放送局用プロテープで培った技術を応用し、データーストレージテープ“LTO Ultrium2”*3、“AIT”*4を発売。最先端のLTO Ultrium6においては、圧縮時最大記憶容量6.25TB、最大転送速度400MB/sを実現。走行安定性を高める新リール構造の採用や、高密度記録に対応した高精度トラッキング技術、高信頼性を実現するStrong Cross-linkage Binder Systemなどを使い、放送局用プロテープ及び、LTO Ultrium5までのテープで培った耐久性、信頼性設計を継承しています。

金融 技術情報 放送 顧客情報

また、ソニーは次世代大容量テープストレージシステムを担うメディア開発も積極的におこなっています。 メタル蒸着技術で培ってきた真空成膜技術を応用し、真空スパッタ法にて、世界最高の面記録密度148Gb/in2*5の磁気テープ基礎開発に成功しています。この記録密度はLTO Ultrium6(非圧縮)比74倍であり、ブルーレイディスク7,400枚分の記憶容量になります。
詳細はこちら

  • *1 大河内記念生産賞とは
    生産技術、高度生産方式等の研究により得られた優れた発明または考案に基づく産業上の顕著な業績に与えられる賞です。
  • *2 エミー賞とは
    米国テレビ芸術科学アカデミーの主催で、1948年に設立されたテレビ業界の発展に関して大きな貢献・業績に対して与えられる、もっとも権威のある賞です。対象部門は、様々なテレビ番組、制作技術の他、放送機器・技術などがあります。
  • *3 LTOとは
    IBM社、Hewlett-Packard社、Seagate Technology社(現Quantum社)の3社が共同で策定した磁気テープ記憶装置の規格。大容量、高速読み書きを実現した磁気テープのオープンフォーマットです。用途としては、主にサーバーのデータ保管(バックアップ、アーカイブ、企業のBCP対策等)に利用されています。近年、クラウドサービスの拡大などデジタルデータの飛躍的な増大が想定されており、LTOの更なる需要拡大が見込まれます。
  • *4 AITとは
    ソニーが独自に提唱した磁気テープ記憶装置の規格。ソニーが培ったヘリカル記録方式を採用したことにより、小型化と大容量を実現しました。
    1996年に発売されたAIT-1(25GB)から2006年にAIT-5(400GB)の第5世代まで展開しています。また、低価格派生モデルとしてAIT-Turboシリーズ、データの書き換えが不可なWrite onceモデルなど幅広いラインアップがあります。
  • *5 2014年5月国際磁気学会(Intermag2014)にて報告

Copyright 2017 Sony Storage Media Manufacturing Corporation